最終電車

友人が京都に引っ越したとのことで今日はその新居をみるってことも兼ねて鍋をした。
久しぶりに会う人もいて、とても楽しかった。
でも、久しぶりに会う人は友人でも目を見られないことが多くて何話していいかわからなくなる。
嬉しいのは嬉しいんだけど。

僕が話をするとなんとも言えない空気になったり、引かれたりする。

どうにかしたいと思うけど
どうにもできないし。

嫌われるとかネガティヴな気持ちになっちゃったりする。
なんでみんなはこんなやつと一緒に鍋を食べてくれるんだろうとか思ってしまう。
自分ならこんなやつ嫌だと思う。

それでも、1人終電で帰る時にはとても寂しくて帰りたくなくなる。このまま泊まって終わらないパーティーを、と思う。これは祭りの後と切なさに似ている気がする。
終わりがあるから始まりがあるんだけど
そんな理屈なしに終わらないパーティーがずっと続いて欲しいと思ってしまう。

ぐちゃぐちゃになりながら駅に向かうときもやっぱり思ったことは戻りたいってことだった
自分の気持ちはめちゃくちゃでよくわからないけど寂しいしまた会いたいと思うことは僕の中で事実だ。

自分がどう思われてるかとても怖いけど
今は自分の気持ちを大切にしていこうと思った最終電車の中。