夜に

最近はどうしようもない夜が増えてきて

何がどうというわけじゃないんだけど

どうしようもなく孤独になってしまうことがあるのはきっと、ニュースでの訃報や自分の将来、みんなの楽しげな笑顔にたまについて行けない自分の不器用さが原因なのだ。

本当に僕は恵まれてるし、大事な人たちも増えた。

だから、余計失うのが怖かったりする。

そんなのどうでもいい、離れて行く人は仕方ない。諸行無常。国破れて山河ありだ。そんなことは分かってる。

でもね、ふと捕まってしまう時があるよ。

そいつはベットの下や街頭の影、カーテンの隙間からいつも狙っている。

捕まっちゃうと悲しい気持ちになってしまうね。

こんな自分はいつだって嫌いで、何弱音吐いてるとか、悲劇のヒロインかと言われるかもしれないけど悲しい時もあるだろう。

早く晴れたらいいな。きっと雨は上がるよ。